石井歯科矯正歯科医院

022-259-7377

022-259-7377
WEB予約

様々な取り組み

院内設備について

笑気吸入鎮静法
(精神的負担軽減)

小児並びに歯科治療に対して恐怖心の強い患者さんには、積極的に笑気吸入鎮静法を行っています。

この方法は鼻からマスクを用いて、30パーセント前後の笑気ガスを吸引しながら治療を行う方法です。笑気ガスはきわめて安全なガスで、特に副作用もなくほとんどの人に適用できます。

保険診療ですので費用もリーズナブルで恐怖心を抑え精神的な負担をかなり少なくすることができます。

当医院ではほとんどの子供が笑気を希望します。笑気を吸うことによってかなり嘔吐反射を抑制しますので、いつも型を採るときに苦しくて恐怖すら感じている患者さんでも、楽に治療ができたと好評です。

半導体レーザー(ソフト・ハードレーザー)の導入

ハードレーザーは主に歯肉の切開・根の先にできた病巣の消毒・口内炎の疼痛軽減などに使用していますが、電気メスで切開するのと違いピリピリと痛みを感じることもなく予後の経過が非常に良好です。特に歯周炎の治療では威力を発揮します。

また、歯肉の色が黒っぽくなっているところに使用するとメラニン細胞を破壊することができますのでピンク色のきれいな歯肉の色を回復することができます。レーザーによる治療にはこの他に出力の弱いソフトレーザーを用いることもあります。ソフトレーザーは主に知覚過敏や口内炎の疼痛軽減に用いていますが、全く痛みもなく楽に治療ができます。また、顎の関節が痛い場合にも使用しています。

無痛(最小疼痛)麻酔用の注入圧コンピューター制御の注射器(ワンド)導入

歯科治療の中でも麻酔の注射がどうしても苦手という人は多いと思います。この原因として麻酔の針を刺入する時に痛いからという理由があるようです。刺入時の痛みの原因としては次のようなことがあります。注射針そのものの太さ、刺入時の麻酔液を注入する圧力、麻酔液と体温の温度差による刺激、注射の形そのものに対する視覚的な恐怖心による疼痛閾値の低下等です。

そこで当医院では一見麻酔の注射には見えない注入圧をもっとも痛みを感じさせない圧力に自動で調整できるコンピューター制御の電動麻酔器を用いています。注射針の太さについては最も細いもの、麻酔液の温度管理には自動で体温と同じ温度にできるカートリッジウォーマーという機械を使用して少しでも痛みの少ない治療を心がけています。

根管治療の効率化のため電動根管拡大装置(タスカルセブン)導入

神経を取る治療をした人はご存知だと思いますが、歯の根の中を掃除するためにカラフルな色の付いた針でゴリゴリと長時間口を開いていなければならない治療があります。

成人でも大変な負担ですが、まして小さな子供の場合は途中で泣いてしまうことさえあります。

そこで当医院では電動の根管拡大装置を用いることにより、あまり大きく口を開けなくても短時間で治療ができるようにしました。

このことにより奥の歯でも確実に作業ができ、また小児の治療においても負担を最小限に抑えることができます。治療を嫌がる子供が少なくなりました。

温水の出る切削ユニットの設置(カボカート)

歯を削られるときに凍みて痛みを感じた経験のある方は多いと思います。

そこで当医院では少しでも痛みの少ない治療ができるように体温に近い温度に暖められた温水がでる切削ユニットを導入しています。このことにより麻酔の注射をすることなく痛みの少ない治療ができます。

ペーストアルジネート印象材自動練和システム(トクヤマAPシステム)使用

精密な技工物(被せ物や入れ歯)を制作するためには正確な印象採得(型を採ること)が大切と考えています。

そのために当医院では安定したペーストを全く気泡もなく練り上げることができるペーストアルジネート印象材自動練和システムを採用しています。

このことにより苦しい型を採る作業が一回で終了するようになるばかりではなく理想的な堅さに練りあがったペーストはあまりたれることなくシャープに硬化するので患者さんは嘔吐反射で苦しむことが少なくなりました。

カウンセリングについて

カウンセリングコーナーの充実

診療室内のカウンセリングコーナーには、かみ合わせと全身の骨格の歪みとの関連、咀しゃく筋と顎骨の関連、虫歯と顎骨の病巣の関係、床矯正装置による顎骨の拡大に伴う変化、特殊な義歯の形態等を説明するための各種模型を置いています。これらを使い具体的にわかりやすくカウンセリングを行います。

これにより患者さんは歯科治療に対する不安や疑問がなくなり、心にやさしい治療を行うことができると考えています。治療を成功に導くためには歯科医師と患者さんの信頼関係を構築することがとても大切であると考えています。

カウンセリング室に最新式のパソコンに変更して、説明用の画像がより見やすくなりました。

<リニューアル>

2020年9月より大型モニターを増設し、よりわかりやすい説明が出来るようになりました。

コンピューターによる
プレゼンテーション

歯科治療を成功させるためには、カウンセリングがとても重要であると考えています。なぜならこれから行う治療に関して患者さんに十分理解し且つ納得して頂いていないと歯科医師側がいくら頑張っても良い結果が得られないからです。

特に口臭、矯正、歯周病、虫歯予防の治療は診療室の中だけで完結するものではなく家庭での管理が治療の結果を左右します。

そこで当医院ではよりわかりやすい説明をするために、コンピューターをフル活用して効率的で的確な指導を心がけています。

© ISHII DENTAL ORTHODONTIC CLINIC
All Rights Reserved.

【診療時間】月~土9時半~12時半(土13時半まで)・14時~19時(土17時まで)【休診】水・祝

PAGE TOP